結婚生活を継続すると発生すること

投稿日:

相談
最初はこの人を支えたいと思って結婚したのだけど、どうしても途中で相手の嫌な面が見えたりすると距離を置いてしまうことがあります。いわゆる倦怠期です。

特に体の触れ合いがなくなってしまうと急速に愛情が冷めてしまい、途中でこれはいけないと思って修復しようにもお互い照れもあってなかなか言いだせないジレンマがあります。忙しくて言いたいことを言いそびれることもあります。こうなるとどうしていいかわからずに毎日顔を合わせてはため息をついている状態です。いい解決策はないものでしょうか。

結婚すると誰でもそんな風にイヤなところは見えますよね。それで距離を置きたくなるのもよく分かります。
でも相手も同じように考えているのだと思うし、照れる気持ちを抑えて、相手とコミュニケーションをとるほうが大事です。
ため息をつかれると、嫌われていると勘違いされるので、それは避けたほうが良いです。
体の触れ合いだけが愛情表現でもないし、美味しい食事や、面白い映画などを一緒に観て、楽しく過ごすことに目を向けてみてはいかがでしょうか。
お互い照れてしまって、口に出せないことってありますよね。そういう時は、無理に口を出さずに、代わりにキスをすると良いと思います。キスは「口に出せないぐらい貴方のことが好き」ということを表現するための手段です。どうぞ有効に活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です