30歳を近づくと、親からのプレッシャーを感じる

投稿日:

相談
30歳前後になると、親の世代は20代で結婚や出産経験者が多いため、交際中の彼氏がいない人であれば、実家暮らしであれば度々、一人暮らしであれば帰省時に状況を聞いて来るし、親戚の集まりなどの第一声でも聞かれることはこの話題だし、最終的にはおせっかいをやいてくる人もいます。それがプレッシャーになるのが嫌で、放っといてほしいし、近況を親に言いたくないのが本音です。
まず、?をつくか正直に話すかを決める。
嘘をつく場合、「良い人(恋人)はいるがまだ結婚を考えていない。」
紹介しろ、どんな人だと聞かれるのでこれ以上は話さない、聞かれても話をはぐらかす。
正直に話す場合、まだ結婚を考えていない。仕事趣味に没頭して忙しいの一点張り。
特定の相手がいるということにすれば良いよ思います。私も20代の部下(男性)に特定の相手がいないと聞くとついついお節介をしてしまいますが、特定の相手がいると言われていたら当然お節介な事をしようとは思いません。もし、身内の方から会いたいと言われたら「前に話した人と違う人と付き合ってる」ということにすれば、身内の方もそれなりに婚活してると思い、少なからず安心するのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です